双方向に利用できるWEBサイト

WEBが生み出した個人投資家

双方向に利用できるWEBサイト インターネットの普及によってできるようになったことといえば、枚挙にいとまがありませんが、その一つに市場への参入ということがあります。今ではすっかりおなじみになった個人投資家も、インターネットを使って簡単に株式投資や外国為替証拠金取引ができるようになったからこそです。特に株の場合、個人での取引はおよそ不可能と思われていただけに、ネット証券の台頭は投資への考え方や行動を180度転換させるのに十分だったといえるでしょう。WEBサイトにログインするだけで、瞬時に自宅のパソコンが市場とつながるわけですから、画期的なことこの上なしです。

こうした個人投資家が増えたことにより、株式市場が活性化したのは言うまでもありません。上場企業にとっても個人投資家の存在は無視できない大きなものとなり、今やいかに個人投資家が投資しやすい環境にするかを考え、単元数を変更する企業も少なくないほどです。日本は国民の預金率が世界でもっとも高いと言われているだけに、この預金をいかに市場に引き出し、流通させるかが大きな課題です。その目標に一役買っているのが、利用しやすくなったネットトレードのWEBサイトであることは間違いありません。
Copyright (C)2019双方向に利用できるWEBサイト.All rights reserved.